pagetop

ファンに支えられた定食屋さん

月別記事

  • 2019.04.17

弊社が健康診断でお世話になっている検診センター前にある、広さ10坪程度の定食屋さん。

このお店がなんとも魅力的です!

 

おばちゃん一人で切り盛りされているのですが、ランチタイムには、(平日にも関わらず)老若男女のお客様でお店はほぼ満席。

メニューはAorB定食の2種類。(どちらかがなくなったタイミングで、献立は1つになるようです)

お一人で料理、盛り付け、配膳、and洗い物までされているわけですから、お世辞にもお店がうまく回っているとは言えないわけで、もし間違ってお急ぎのお客様が入店されようものなら、「A定食、まだ~」なんて、文句の一つも聞こえてきそうな雰囲気です。

 

BUT、

そこで登場してくるのが、それまで雑誌を読みながら、カウンターでランチの出来上がりを待っていたお客さん!

なんと、できたての定食をお店の端の席まで運んでくれます。

また、カウンターの後ろの席に座っていた別のお客さんが、もう一つのランチをまた違うテーブルへ・・・

「ここは合宿所か?」と思うほど、“お客さん”である方々が、スタッフとしてそれぞれに働き始めるのです!?

1年に一度・・・検診の時にしかランチを食べにいかない私達には、その光景が異様???・・・いえいえ、大変興味深く、これがとっても魅力的!

・・・っで、ハタッと気づきました。

 

「そうか・・・この人たちは皆、常連さんなんだ!」

身内でもない、誰に頼まれたわけでもない・・・ただこのお店・・・ここのおばちゃんを助けるためだけに動いている。

 

そうなんです。これこそがまさに「ファンこそが売上を支える大黒柱」という考え方!

今愛読している 佐藤尚之著『ファンベース』という本の内容に、素晴らしく合致します。

私達のような小さな会社、お店が生き残っていく唯一の方法は、こんなファンのお客様を作り、そこにターゲットを絞ってさらにそのファン度を上げていく・・・

そうすることで、大企業には絶対にマネできない強固な「売上の安定」が実現できるというものです!

 

・・・ちなみに、あと個人的に思うのは・・・「このおばちゃん、きっと幸せなんだろうなぁ」ということ!

だって、いくつになってもたくさんのファンに囲まれて、自分自身、今だ世の中に役立ってることを毎日、肌で感じることができることができるんですから・・・(まぁ、本人は全然そんな風に思ってないかもしれませんけどね(笑))

でも私的には良い感じ!・・・こんなのが理想の“老後”ってやつです。

 

あのお店におられたファンのお客さんには程遠いですが、(私も微力ながら)これからもずっと応援していきたいと思っています。

導入事例

お取引の流れ

お客様の声

よくあるご質問

販売商品のご紹介

レンタル機器のご紹介

information

京都・大阪をはじめ、
関西一円対応しております!

京都インターナショナル
株式会社

〒611-0002 京都府宇治市木幡御園20番地106

アクセスマップ
  • TEL.0774-38-2788
  • FAX.0774-33-8572

社長ブログ

営業現場ブログ

直営店 じゃぶじゃぶランド

私たちが誠意をもって対応致します

  • 0774-38-2788
  • お問い合わせ